国見町での米水津夢美術館
コレクション展の様子



 10月22日(金)午後から24日(日)の午前中、国東半島にある国見町で
「米水津夢美術館コレクション展」が、県民芸術文化祭の行事の一つとし
て、町の教育委員会の主催で開催されました。
 22日は、町の小中学生全員350名による絵画の鑑賞会が開催され、多く
の子どもたちでにぎわいました。
 また、一般には同日夕方から、24日(日)の午前中に開放され、これまた
280名という多くの町内外の観覧者が訪れました。子どもを含めると町の人
口5800人余の一割以上の方々が訪れ、国見町民の文化的意識の高さに
あらためましてびっくりしました。
以下、会場での展示の様子と、観覧風景の様子をご覧ください。(工事中)

まずは、小学生から作品鑑賞をしました 並んで先生の説明を聞く子どもたち
ぞくぞく子どもたちが入ってきました。 並んでの鑑賞です。
館長さんの説明しているところです 図録を見る子どもたち
並んでの鑑賞です。 並んでの鑑賞です。
館長さんの説明しているところです。皆さん理解できたかな・・???
注目の一品でした いろいろな富士山を眺める子どもたち
斉藤智子さんの作品の前で スナップ写真等の資料を見ているところ
中学生の鑑賞 中学生の鑑賞・・参考資料見ている子ども
一般の人に説明しているところ 若かりしころ一緒に働いた茂倉さん・安岐町から来てくれました。20年ぶりの再会です

鑑賞の様子-2

国見町コレクション展トップ

トップへ
トップへ
戻る
戻る



鑑賞の様子-2
鑑賞の様子-2
[PR]動画